ホームへ

2005年12月

2005年12月28日

サービス・料金

 ステップ1 
     問診による状況把握・・・
        患者さんである建物にお住まいのお客さまとのメールによる問診及び回答
        のやりとりですから当方のコストは発生しませんので全くの無料です。
        あ、でも平日は早朝と夜のみのメールチェックになりますのでご了承下さい。
        

 

 ステップ2 原因追求(診断) 

 一次診断   1件当り 週末起業研修期間中!
         地元の診療所、赤ひげ先生ってところですね。
         交通費のみ実費でご協力願います。(JR大森駅または京急平和島駅
         を起点にて) 
         でも大田区内はほとんど自転車でOKです!つまり無料!

         一次診断後のカルテはお客様にメールで送信します。・・・つまり省エネ
         ですね。
         だいたいカルテは次週の週末に送信できるかと思います。
                  
 

  • 二次診断   原因を詳細に追求
             ここから先は協力専門業者を呼びますので費用がかかるのです。
             つまり大学病院での精密検査っていうところですね。
     
    赤外線診断

    ¥150,000~(戸建)
    ¥350,000~(ビル、マンション)

    コンクリート中性化試験 ¥30,000~
    マイクロスコープ診断 ¥30,000~
    仕上材の接着力試験 ¥30,000~
     
      ※上記は概算です。
      ※案件によっては、要別途見積書。
        大学病院で精密検査する前にいくらかかるか心配ですものね。
     
    詳細などについては、下記お問合わせより、ご連絡下さい。
     

投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月28日 21:37

建物診断-曾孫の代まで住み続けるための建物診断

1. 発案のきっかけ;
   日本の住宅建替え周期は概ね30年と言われております。
  ヨーロッパなどは構造、外観などは数百年間も使いつづけ、
  内装などはその時代に応じて改装をしていきます。
  日本においても一度建てたらひ孫の代も、さらに持ち主が
  変わったとしても使っていく住まいというものをそろそろ
  考えていく時代になったのではないでしょうか。

2. 長持ちさせたい住まいを取り巻く背景と諸問題;
  1) 建築行政・法制的側面及び社会的背景:
      ここ地元大田区も含む都市部においては、震災・防災上の観点から
    都市計画上の諸処の事情から、昔ながらの日本家屋が存続し難い状況が
    あります。
    建築基準法等において隣接地の新築住宅は、斜線制限一杯に今流行の
     3階建て建売住宅になってしまいます。昔ながらの邸宅街がまるで様変わり
    する事も珍しくありません。
    消防法等の規制や近隣住民意識の変化により、萱葺き屋根などの古民家を
    存続させることももちろん不可能です。
      つい30年前には地域のコミュニテイも緊密で路地では多くの子ども達が
    歓声を挙げておりました。いまや、核家族化、少子化などで地域コミュニテイは
    崩壊し、数少ない子ども達はテレビゲームや携帯ゲームに無言のまま集中する
    時代。誰もが自分さえ良ければ良いという思考で生命が軽くなっているよう
    な気がしてなりません。

  2) 供給する側の都合:
     実は、住まいも様々な変化があり昔ながらの手間をかけて建てて来たもの
    がより安く、より早く、より多くで次々に新建材が出て来ております。
    ここ30年間で大きく変わった建築技術の本質的なキーワードは
    『湿式から乾式へ』です。
     つまり、昔は自然に近い素材を加工して職人達の匠の技で住まいは出来て
    きたものです。しかし、経済性と居住性の両立をはかるべく開発された
    新建材は、ある程度まで工場で製作し、現場加工は最終工程のみとしました。
    それによって増えてきた現象は何でしょうか?
    シックハウス症候群、化学物質過敏症、環境ホルモン問題などです。つまり
    生命まで乾式になった(軽くなった)のです。
     耐震性能が重要ならば何故、奈良薬師寺の五重塔などの古代建築は1,000年
    以上も健在なのでしょうか?

  3)普請から建築の時代を経た『施主』の変化
    ●「普請」と「建築」
     住まいを建てる時の依頼主を「施主」と現代でも呼んでいますが・・・。
     「普請」とは、普(あまね)く、請(こ)う。つまり、「大勢の人々に労力
     をお願いして土木・建築を行なうこと。」という意味で、起源は鎌倉、室町
     時代の禅語に遡ります。お寺、道、水路などの修繕は地域の人々がお互い
     の思いやりの気持ちを持って力を合わせて行ないました。
      追記として、建物のみに関する工事を「作事」と呼んでました。
     「建築」という用語は、比較的新しく1897年(明治30年)頃、造家学会が
     建築学会と改称され公認された。学者の伊東忠太がarchitectureに対応する
     新語として提案したものです。本来のアーキテクチャーの意味は単なる建造物(building、
     structure)に対して建物全般を指す集合名詞であり、建築技術及びプロセス
     全般も包含したものであります。
      つまり、施主という立場の者は「普請」の面からみるとたぶんに社会性を帯びた
     もので、特に地域社会に対して大きな責任と、気概、志が必要な存在であります。
     逆に「建築」の面から見ると自分指向、内に向かった立場に捉えられます。
     私共が推奨する“ひ孫の代まで住み続ける住まい”とはお「施主」さまが「普請」と
     「建築」の両方の視点で取組むべき事と捉えております。

 

投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月28日 21:36

理念・想い

生かされていることに感謝する心の追求

-地域の自然、環境と共に長生き建物にするノウハウを提供する-

 

3つの行動指針

1.与えられた役割に感謝する
-地域、社会に対して経験を生かし、長生き建物のノウハウを提供する私の役割-


2.すべての出会いに感謝する
-お客さま、お取引先、支援者、家族、自分一人では生きられない貴重な出会い、それが自分の財産-

3 .大いなる自然の力に感謝する
-長生き建物のノウハウ提供から地域環境との調和に取組む-
     

投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月28日 21:35

2005年12月27日

診断について

<診断の分類>

  ■メール無料問診とは:
    当ホームページをご覧になったお客様が、今のお住まいでお困りに
   なっている点をメールで気軽にご相談できるサービスです。
   どんな些細な事でもかまいません。
   当方でも日頃の暮しなどをいくつか質問させていただきます。
   どうしてかと言うと住んでいる人の心身に影響がある場合は、生命の3要素
   である衣・食・住と休息の4点バランスを確認する必要があるからです。
   その上で、直接原因となる住まいに関する問題(諸現象)を捉える必要が
   あるのです。

  ■ 一次診断(既存住宅編): (週末起業研修期間中なので当面は
                                                             交通費実費のみ)
     無料問診で施主さまと当方がお互い現場調査の必要性を確認した後、
   現場に赴き、主に外観上で目視、触診・打診(手の届く範囲ですね)、
   写真撮影などを行なう一次診断を実施します。つまり、往診ですね。
   この際に、メール問診で予め応急処置が必要であることが判明していた
   場合は、簡単な応急処置を行なうこともあります。(薬の服用とか注射とか
   膏薬塗りとかですね。)
    その後、1週間程度で診断報告書を作成し、施主さまに提出します。
   報告書の内容は、ひ孫の代まで住み続ける住まい作りのためのノウハウ
   として日頃のチェックポイントと1年に1回の定期診断をお勧めして
   いきます。そして当方は住まいの町医者としてカルテ管理を行ないます。        
                                                                                               

  ■二次診断(既存住宅編): サービス・料金の項を参照(その他御見積にて)
     一次診断で、さらに詳細な調査を必要とお互いが確認した場合に行ない
    ます。いわゆる大学病院による精密検査ですね。(つまり精密調査の専門業者
    を呼びます。)ここからは有償ですがお客様予算立てのための見積りをします。
    一次診断で所見された現象を数値化して捉える事と位置付けされます。
    例えば、コンクリート住宅の場合には、コンクリート内部鉄筋の錆び発生
    状況確認のため錆汁が出ているコンクリート面などをコア抜きし、鉄筋表面
    の目視観察を行ないます。そしてコンクリートの中性化の程度を測定します。
    また、コンクリート内部の鉄筋との仕上厚さも確認測定します。
     一般的には雨漏りが発生している状況が直接現象となりますので、例えば、
    屋根からの雨漏りならば屋根葺き材の現状確認と劣化部分の抜き取り劣化度
    測定。壁からならば、ドア、サッシの枠周りのシーリング材の抜き取り劣化
    度測定や壁仕上材(タイルの浮き・剥落度合、塗装材の部分異常劣化)の
    劣化度測定になります。外壁タイルと周辺の劣化度測定は、必要に応じて
    赤外線装置による測定を行ないます。
     屋内の場合は、主に設備面が精密検査の対象になりますが具体的には
    給水管の詰まり具合を測定するために部分的に管を一次切断し、断面を
    目視したり、内視鏡(ファイバースコープ)で観測します。


投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月27日 13:53

診断の流れ

投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月27日 12:05

2005年12月26日

診断のメリット

診断をすることのメリットは、いろいろありますが、
主に、以下の3つです。

<診断のメリット>

 1.長く住める 2.安心して住める 3.トータルコストが安く済む

 人間もそうですが定期的に健康診断を行なうことの狙いは
 早期発見、病気の根を断つ、日頃の生活改善を促す、ですね。
 住まいは生きています。人間と同じなのではないでしょうか?
 健康な住まい、健康生活、住む人も病気知らず!

建築診断を受けることのメリットを理解していただけたところで、
東京、大田区近郊の建物住まいのご相談を、お気軽にどうぞ。

まずは、無料問診を!


投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月26日 13:58

2005年12月25日

トップページ

地元・大田区の建物のお医者さん

ご訪問ありがとうございます。

地元・大田区を中心に活動する「建物のお医者さん」です。

 

住宅、町工場、学校、マンション・アパート。

大田区にはいろいろな建物があり、素敵な人達がたくさん住んでいます。

楽しく生きるために一緒に考えましょう。

 

【 建築診断のメリット 】

建築診断をすることのメリットは、いろいろありますが、
主に、以下の3つです。

<診断のメリット>

 1.長く住める 2.安心して住める 3.トータルコストが安く済む

 人間もそうですが定期的に健康診断を行なうことの狙いは
 早期発見、病気の根を断つ、日頃の生活改善を促す、ですね。
 住まいは生きています。人間と同じなのではないでしょうか?
 健康な住まい、健康生活、住む人も病気知らず!


また、診断しないことのデメリットとしては、
メリットの逆で、

<診断しないことのデメリット>

  1.長く住めない 2.安心して住めない 3.コストが高くつく

  病気になってから、例えば雨漏りがひどくなった。壁の
  ひび割れが多くなった。床がきしむ。など、相当状態が
  悪くなってから対策を考えると選択肢は大規模な修繕、
  増改築、建替えとなってしまい、大手術かまたは、総
  取換えになってしまいます。
    これによって生じる現象は、大量のゴミ発生、大量の
  CO2の発生、大量の資源消費になります。
  これは、将来的、つまりひ孫の世代に住み難い世の中
  にさせていく事が現代の地球環境の状況から鑑みて
  予想出来てくるのではないでしょうか? 

 

建築診断を受けることのメリットを理解していただけたところで、

建築診断の詳細をどうぞ。

住まい・建物の健康診断

 

住まいの問題等の無料問診を受付ています。
東京、大田区近郊の建物住まいのご相談は、下記より、お気軽にどうぞ。


投稿者 地元の建物のお医者さん : 2005年12月25日 21:34

| ホーム | サイトマップ | サービス・料金 | お問合せ |ページの上へ▲